女性が感染した淋病を放置

淋病は淋菌という細菌に感染することによって起こる性感染症です。
近年、淋病の患者数は減少してきていますが、薬剤耐性淋菌といって、抗生物質にも抵抗性を持つ淋菌が増えてきたことによって、再び増加傾向にあります。
淋菌は、性交渉やオーラルセックスによって感染します。
1回の性交渉によって感染する確率は約30%だと言われており、性器クラミジアと並んで高い確率で感染する病気となっています。
淋病の女性の主な症状は、おりものの増加です。
粘液性または膿性の分泌液が見られますが、ほとんどの場合自覚症状がないため、無治療のまま放置されることが多くなっています。
放置することで、子宮内や卵管内、腹腔内に炎症が波及することがあります。
この状態であっても自覚症状がない場合もありますが、約50%以上の方には、発熱や下腹部痛、卵管や卵巣の圧痛が発症します。
さらに、卵管炎や卵管狭窄、卵管閉鎖を引き起こすこともあり、不妊症や子宮外妊娠の原因となることもあります。
男性の場合は、感染によって尿道炎を起こしやすくなり、尿道のかゆみや排尿時の痛み、黄色の膿が出たりする症状があります。
放置することで、前立腺炎や副睾丸炎などを引き起こすこともあります。
治療法としては、抗生薬の筋肉注射や、セフェム系やペニシリン系、テトラサイクリン系などの抗生物質を服用する方法があります。