淋病とクラミジアに同時になる原因

淋病もクラミジアも性病の一種で、性交によって感染します。
淋病とクラミジアを同時に発病することも多く、男性の場合は排尿をする時に激痛が走ります。
女性の場合は子宮外妊娠や不妊症などの原因になりますので、早めに医師の診察を受けることが必要です。
保険診療を受けることが可能ですので、お金の心配をすることなく受診することができます。
自分が発症した場合には性交をした相手も感染している可能性がありますので、二人で一緒に受診することが必要です。
ほとんどの場合、抗生物質の投与によって治ります。
淋病とクラミジアが同時に発病する原因として、オーラルセックスによって感染することが多いですが、どのような性行為によっても感染します。
オーラルセックスをして感染した場合には、のどが腫れたり、痛んだりします。
扁桃腺が腫れて発熱を伴うケースもあります。
潜伏期間が2日から7日ありますので、性交をして直ぐに発症するわけではありません。
潜伏期間中に違う異性と性交をした場合には、その人にも感染する可能性があります。
淋病とクラミジアを防ぐためには、コンドームの使用が最適です。
不特定多数の異性との性交を避けることも、予防にとっては大切です。