淋病が女性に感染した場合

性病の種類は色々と多くあります。
その中でも一番多くいる性病の1つとして淋病といわれるものがあります。
この淋病は、男性にも女性にも感染してしまう病気であります。
感染理由としての多くは性的行為によるものがほとんどであります。
どちらかが淋病をもっておりそのまま性行為をしてしまい伝染してしまうというものです。
男性に感染してしまった場合の多くは尿道炎にかかってしまうケースがほとんどであり、陰茎の痛みやかゆみが主な症状です。
また女性に感染してしまった場合は、子宮頸管症になってしまいます。
そのまま放置してしまうと大変なことになります。
男性は精巣にも影響があり、また女性の場合は、卵管にも影響があります。
またオーラルセックスなどにも感染してしまうケースがあります。
特に女性が感染することが多く咽頭に感染してしまい大変なことになってしまいます。
これらは感染による自覚症状が有る方無い方と個人差によって症状がかわります。
すぐに自覚症状が出たとしても3日から1週間程たっており、その時には、既に本格的に感染しております。
男性の場合は、陰茎から膿が出る、尿をする際に痛みを感じるというものです。
女性の場合は自覚症状が出るのが遅いのが特徴です。
淋病に感染しているとおりものが多く出るのが特徴であります。
そのおりものの色も匂いもいつもと違うものになっております。
これらの症状は時間が経てば痛みがひく場合がありそのまま放置してしまう方が多くいます。
しかし淋病は、慢性化しているのでまた症状が現れる時があります。
そのようなことの無いように目的の無い性行為をする際には、コンドームを使用するなどの対策をしておくべきです。
また感染したと思った場合は、すぐに病院で治療することです。